スペーシア・ギア ベッドキットご紹介

スペーシア

 

 

スペーシア・ギア、というか現行の2代目スペーシア(MK53S型)のベッドキットの紹介です。

 

今までスペーシアで電装システムを含めた架装依頼は3、4台あり対応しましたが、スペーシアのベッドキットだけ、という依頼は僅かでした。

 

 

山形M様スペーシア

 

 

福岡S様スペーシア

 

架装依頼あった際、お預かりしたスペーシアでベッドの型取りしたので、ベッドキットも対応出来る様になった、という程度で積極的なPRもせず、たまに問合せあったりすると『スペーシア?う~ん、どんなベッドキットだったっけ?』という感じでした。

 

結局、初代スペーシアのベッドキット福岡 I 様と、京都T様の僅か2セットしか売れなくて、2018年にスペーシアがモデルチェンジなってた事も知りませんでしたし、現行スペーシアに初代のベッドキットが合わなくなってる事も知りませんでした。

 

スペーシアで車中泊する方は少なくて、だからベッドキットの依頼や問合せも少なくて、それで気合も入らず、売れもしなかったという事です(^_^;

 

ところが、今年に入ってスペーシアの問合せをボチボチ頂く様になりました。

 

そうです、昨年暮れに発売されたスペーシア・ギアの影響です。

 

 

このスペーシア・ギアというモデルは、中身は現行スペーシアと全く同じで、デザインやカラーをSUVな感じにしたものです。

 

 

スズキの戦略通り、このスペーシア・ギアを選んだ方は、アウトドアに興味ある方が多いみたいで、つまり車中泊にも興味お持ちで、その影響で弊社にベッドキットの問合せが来る様になったんです。

 

ただし、現行スペーシアの型取りは出来てなかったので、対応する事も出来ませんでした。

 

すると、静岡のお客様よりスペーシア・ギアでの電装やFFヒーター、そしてベッドキットなどの架装ご注文を頂き、そのベース車輌が入庫してきたので、ベッドキットの型取りが出来たのです。

 

 

それで、スペーシア・ギア=現行スペーシアのベッドキットが対応出来るようになり、ゴールデンウイーク前に長崎M様へ納める事も出来たのです。

 

長崎M様・スペーシア・ギア ベッドキット

 

 

今回は、静岡K様の画像を基にスペーシアのベッドキットの紹介をします。

 

当初は初代スペーシアと同じ様に、全4枚のマットでの構成で試作しましたが、座席展開など考えると前方マットを2枚でなく変則3枚にした方が良い事が分かり、全5枚のマットでの構成としました。

 

【1】フルフラットベッド

 

このようにK様は、左側2枚はオレンジ、右側2枚はグレー、そして前方真ん中はブラック、と3色のレザーを選ばれてあるので、展開を説明するのに分かりやすいですね。

 

左後ろのレザーのマットが凹状になってますが、これはFFヒーター使用時に温風ダクトチューブを差し込む部分です。

 

ちなみにベッドの長さは約2mです。

 

このフルフラットの状態から、あっと言う間に簡単に・・・

【2】運転席だけ座席で他はベッド

ひとりの旅行だと、この状態で出発すれば、いつでも直ぐに横になれます。

そして簡単に、あっという間にフルフラットにもなります。

 

 

【3】運転席と助手席は座席で後方はベッド

二人で旅行の場合は、この状態で出発となりますね。

っていうか普段も、この状態で使われてるかも。

この状態で後方ベッド下に、けっこうな収納スペースあります。

 

 

【4】右側2席は座席で、左側をベッド

ひとり旅行の際、【2】のパターンでなく、このパターンで出掛けて、右後方座席で食事したりして、左側で寝る。ってケースもあります。

 

ちなみに、このパターンの時に使わない右側のベッドマットを左側に重ねる事が出来まして・・・

【5】右側マットを左側に重ねてベッド

こんな感じになります。

オレンジのマットの下に、右側のグレーのマット重なってるの、分かります?

 

この展開が出来ると、使わないベッドマットが車内で邪魔になったり、イチイチ自宅に置いて出掛けなくて済むので便利なんですよ。

 

【6】その逆

つまり、左側座席で右側ベッド、っていう展開パターンで画像は撮ってません。

実際そんな展開する事はないでしょうが、出来ますよ。って事です。

 

と、この様な色んな座席⇔ベッド展開が出来ますし、もちろん・・・

【7】全て座席にした状態で、使わないベッドキットのパーツ全て後方スペースに収納

この様に4名乗る時にベッドキットを車内に置けない場合、イチイチ自宅に保管しておかねばならなくて不便ですが、この様に車内に積めると楽です。

 

おっ!

後部棚板が映ってますね。

 

この後部棚板、車中泊する時には、この状態から拡がるんですよ。

これについては、また後日ゆっくり紹介します。

 

とにかく、この様にフルフラットにもなるし、色んな展開も出来て、使わない時は車内に収納出来るベッドキットは、工具不要で置くだけ、簡単なのにガッチリと設置出来ます。

 

 

工事不要、置くだけなので、宅急便でお届け出来ます。

 

パイプのフレームなど組み立て式じゃないので、届いた梱包を開けて置いたら完成、拍子抜けするほど簡単です。

 

価格は20万円(税別・梱包送料別)です。

 

そうそう、レザーの色・柄は何百種類の中からお好みで選べます。

 

このスペーシアベッドキットに具体的ご興味お持ちになられた方は、この↓ページ下↓のフォーマットにて『スペーシアベッドキット検討中』とお送り下さい。

 

購入までの流れ、レザーの選び方、など詳しい説明メールと、お客様の地域までの送料など計算した、叩き台の見積書を返信させて頂きます。

 

お問合せ頂いてた皆さん、来週中には返信メール送らせて頂きますので、今しばらくお待ち下さい。