中古NV200に電装システム・プラスアルファ・フレックス取付け

変わった使い方の依頼、変わったクルマでの依頼

 

7月にお引渡しをした武雄N様バネットNV200、まだ紹介してなかったので遅ればせながら。

 

ご注文までに至る経緯と、架装ご希望内容などは、入荷してきた時の書き込みコチラをどうぞ。

 

見積提示の際『中古で購入したNV200が予定より高かったので、架装の予算が減った』と言われたので気持ち値引きして・・・

『その代わり引取りの際に、かりんとう饅頭を持ってきてよね』

って言ってたら、ちゃんと持ってきて頂きました(^。^)

 

 

スタッフで美味しく頂きました!

 

N様はベッドとテーブルが付いた車中泊仕様の中古NV200を購入され持ち込み。

 

 

これに弊社で走行充電システム・プラスアルファ・フレックスと、あとコンポ電源切替システム、これら電装部分を取付けました。

 

 

 

 

中古車にて先にクルマがダメになっても、電装システム・プラスアルファ・フレックスはポン置きにて、次のクルマに載せ替えて引き続き使う事が出来ます(^_^)v

 

 

ただ今回はポン置きでなく、右のベッド受け部に空間あったので、その中に納める事にしました。

 

このタイヤハウスの前後が空洞で、スペースもったいなかったので入れましたが、少し入りきらなかったので家具をチョッと広げてました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

電装システムだけの依頼でも、フレックスをポン置きでなくスッキリ収納させたい、という場合には家具も絡んできますが、木作業はお手の物です(^ .^)y-~~~ 

 

家具の中はこんな感じです。

 

 

サブバッテリー、本体BOX、メーターBOX、この3つが工具不要でコネクタで簡単にそれぞれ外せるので、次のクルマに載せ替えるのも簡単、もし故障した際は宅急便で修理の対応が出来るので、遠方の方でもクルマ持ち込みする必要ありません。

 

 

フレックスの脱着式メーターBOXは、右後方の窓の部分の棚を小さく作り直してスッキリ設置、こういう作業も楽勝です。

 

 Before

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 After

 

納車後に取付けられるカーナビに直ぐに接続出来る様に、コンポ電源切替システムを付けてお引渡し。

 

 

ご満足して帰られました。

 

N様は春秋のイベントの際には40日間ぶっ通しでお菓子屋さん出店して仕事されてあるので、シーズンオフにNV200で全国あちこち楽しまれて下さいませヽ(^。^)