早く!安く!ルーフテントを付けたい!という方に朗報です!

【ルーフテント】

 

以前からルーフテントの取り扱いは行っていて、8年前イタリア製ジファー社のテントをタントのデモカーに付けたのが最初でした

 

 

当時の書き込みは旧HPのコチラでご覧頂けますが、これは画期的なツーインワンシステムの弊社デモカー1号車でもあります

 

 

懐かしいなぁ・・・

 

このタント・デモカーは大川の知人で、例の豪華列車ななつ星で匠の技を発揮したK君に売却し、今でも奥さんが乗られてあります

 

何年前だろ?K君と大川で飲んでた時の画像ありました

 

その後、ダイキ社のルーフテントを載せたデモカーも弊社にはありますし、フジカーズ社のルーフテントもお客様の希望でスポットで取り寄せ取付けた事ありまして、その時は・・・

 

何と軽トラックの荷台にルーフテントを取付けまして、紹介書き込みは旧HPのコチラでご覧頂けます

 

そして3年前、古い付き合いのコイズミ社がポルトガル製ジェームスバロウド社ルーフテントの国内総輸入元となった関係で、そちらも取り扱う様になりました

 

ただ、弊社としてはルーフテントを積極的に取り扱ってた訳ではなくて、ルーフテントの問合せとか5年前は2~3ヶ月に1件あるかないか、2年前でも月に1件程度でした

 

ところが・・・

 

コロナで状況が変わり・・・

他人と密にならない家族だけの休日を外で楽しみたい・・・

アウトドアでのテント泊もイイけど、気軽に車中泊したい・・・

でもキャンピングカーを購入するのは無理・・・

今、乗ってる愛車で車中泊を楽しみたい!

 

と、なったんでしょう、ルーフテントやベッドキットの問合せが増えて、商談も成約もコロナ前に比べるとイイ感じで頂いてます

 

ベッドキットは自社製造にて問題ありませんが、ポルトガル・ジェームスバロウド社のルーフテントは仕入れ商品で、しかも国内だけでなく全世界的に売れてるらしく欠品続きでなかなか入荷してきません

 

それどころか、現在は注文すら出来ない状況で、国内総輸入元のコイズミ社のHPトップページには・・・

 

 

これは年内入荷の船便の12月分まで完売している事とは別に、全世界的にルーフテントが売れていて、来年2022年分からは値上げになるのは決まってるけど、ジェームスバロウド社が強気で上げ幅や年間輸入台数の枠が決まっておらず、それら決まる10月までコイズミ社も動きが取れないみたいなのです

 

今年の初めから既に納期は掛かる様になっており『早く付けたい』というお客様と接してる立場としては、即納や夏休みは無理としても秋のアウトドアシーズン前には何とか出来んやろか?と思ってました

 

ジェームスバロウド社のルーフテントはカッコ良くて高品質だから高価ですし、そういう需要があるから待ってでも高くても売れてる訳で、でも別の需要もあるんじゃないだろうか?

 

少し品質は落ちても良いので、半額くらいに安くて、もっと気軽に楽しめる、そして直ぐに取付け出来るテントはないのか?

 

と思ってた時、自動車関係に勤めていたアウトドア好きの知人から連絡あり

 

 

転職した生活家電を取り扱ってる会社がアウトドア部門を新たに立ち上げる事になり、担当として動いてあるとか

 

 

と、キャンプ用品の話しからルーフテントの話しになって、試作品がきて、それをN・BOXデモカーに付けたんです

 

 

道の駅など展示してお客様の反応をみながらテントを良く確認すると、さすがにジェームスバロウド社と比較すると少しチャチな部分ありますが、普通に使えてイケそう

 

少し気になる部分もあり、この画像でも分かりますがフロント部分が凹状に湾曲しているんです

 

 

全体的には以前取付けた事のあるフジカーズ社のに比べると、内張りなどイイ感じですし、フロント部分の湾曲を工場に伝えると通常そこまでなっておらずロット品は注意する、との事

 

テントの後ろだけ上がるタイプで、これはジェームスバロウドではディスカバリーという製品になりますが、このタイプだけ日本に入ってきてないのでバッティングしないだろうと考え、コイズミ社のM部長には変わらぬお付き合いでの軽い仁義を切ってから1コンテナ発注し、それが一昨日やってきたんです

 

 

先日タイから届いた【OK-BOX】 のコンテナで経験してたので、トレーラーの誘導も大丈夫(^_^)v

 

 

コチラまだ雨が続いており、昨日も今日も降ってますが、一昨日は好天で荷下ろしは2台のフォークリフトを使ってスムーズに出来ました

 

 

今回ひとつ問題あり、それはヨーロッパからやってくるジェームスバロウド社のルーフテントは合板みたい分厚く硬い段ボール箱に入っており何台もベタ積み重ね出来るのですが、今回のルーフテントはそれが出来ない事が直前に判明!(◎_◎;)

 

 

それで急遽、縦積みが出来るラックを準備してバッチリでした

 

 

縦積みの専用ラックに納まらない分はジェームスバロウド社のテントの上にベタ置きして保管

 

 

今回大量に入ってきましたが弊社のは半分だけで、残りは輸入商社の分で弊社で預かり保管する事になり、これからは倉庫業としても稼ごうかな(^。^)

 

試作品は黒でしたが、初回ロットは白を中心に仕入れて、N・BOXに載せてた試作テントを降ろして、さっそく付けてみました

 

 

フロント部の湾曲も少なく一安心

 

 

改めてテントの中に入ってみたら、側面の布キャンパス部分がファスナーで全部外せるんです

 

 

凄っ!(◎_◎;)

 

 

テントというより蓋みたいで、何だか変な感じ・・・

 

実際この状態でテントに上がってみると、まぁ開放感はあるけど、周りに何もないから落ちそうでメッチャ怖くて使えない(>_<)

 

でも、これって布キャンパスが破れた時には簡単に交換できるのでイイですよね

 

修理に乗って来なくても、布キャンパスだけ宅急便で送って、お客様が自分で交換できるんだから

 

それとか、普段は布キャンパスやマットを降しておけば広いルーフBOXとして荷物たくさん載せて使えます^^;

 

気になるお値段は・・・

253,000円(税抜230,000円)

サイズ・形状はこの1種類だけ

※ブラックは1万円アップ

 

という事ですが、新発売を記念して・・・

2日間限で、超お得な割引特価!

での対応させて頂きます!

 

明日から開催される久留米キャンピングカーフェアの期間中に成約を頂いた場合に限り、特価で対応させて頂きます

 

通常はテント本体価格の他に、ルーフバーの代金、そして取付け費用が発生し、その追加費用は車種によって異なりますが、5~6万円掛かります

 

その追加費用をサービスしちゃおう!という事で・・・

 

テント本体価格の・・・

253,000円(税抜230,000円)

ポッキリ取付けまで対応します!

※ブラックは1万円アップ

 

ただし、これは今回のN・BOXと同じ様に2本バーでの取付け出来る車種の場合で、先日のエスティマみたいに2本バーだとバランスが悪くて3本バーになる場合は3本目のバーについては追加費用を頂きます(車種によりますが約2万円くらい)

 

 

そして、あくまでも2日間限定の特価です

 

という訳で・・・

 

直ぐに、安く、ルーフテントを付けたい!

 

という方は久留米キャンピングカーフェア会場、もしくは鳥栖展示場に今週末お越し頂き、実際にルーフテントに上ったり開閉したり体感してから、お決めくださいませ

 

ご来場、ご来店お待ちしておりますヽ(^。^)

 

イベント期間中のメールや電話での問合せには対応出来ません

m(_ _)m