神奈川からご来店!4ナンバーのウェイク用ベッドキットお引渡し

ウェイク

 

5月のゴールデンウイーク明け、ウェイクでお客様ご来店。

 

お聞きすると、5ナンバーのウェイクではなくて、4ナンバーのハイゼットキャディとの事。

 

 

カタログでしか見た事なく、実物は初めてでした。

 

 

 

ダイハツはハイゼットのフルモデルチェンジをする代わりに?ウェイクをベースにした商用車を作り、荷物が積める様に後部座席を無しにして、乗車定員を2名としたものが、ハイゼットキャディです。

 

企業や個人商店が営業・配達に使う軽貨物車も、安全性や快適性も重視されるケースも増えてきて、そういう需要に対応したクルマなんでしょう。

 

 

ホンダも箱バン商用車のアクティバンは廃盤にして、代わりにN-VANが登場したしなぁ。

 

このクラスで断トツに売れてるエブリィは、開発費用の掛かるフルモデルチェンジしたけど、あまり売れてないハイゼットやアクティは、あえてフルモデルチェンジせず、別の車種へと誘導しているんでしょう。

 

だってハイゼットとか15年以上前の設計で、それをマイナーチェンジで頑張っていて、逆に凄いなぁって思います。

 

まぁ、クルマに関してノータッチの弊社にとって、そんな事はどうでも良くて、お客様が選ばれたクルマを楽しく快適な車中泊仕様にするだけです。

 

と、話しが脱線しましたが、来店された2名乗りのウェイク=ハイゼットキャディは、何と湘南ナンバー!(◎_◎;)

 

 

九州旅行のついで?に弊社に寄って、このクルマでベッドキットが出来るか見てもらい、そして出来るのなら頼もうかな、という事でした。

 

いきなりのご来店でしたが、ちようど在社してたし時間もあったし、それに初めて見るハイゼットキャディに興味もあったし、何と言っても遠方からはるばるお越し頂いたんです、広場にクルマを入れてもらい、チェック。

 

 

見た感じ、基本的にウェイクのベッドキットが、そのまま使えそう。

 

ただ、後部座席が無くフロアーになってるので、その部分のベッドマットの受けパーツを作り替える必要あります。

 

 

それで、仮の受けを置いて、ウェイクデモカーのベッドキットを設置してみると、イイ感じ!

 

ただ、強度的に後方部分にもう一つ受けパーツを追加した方がイイだろう、となりまして、それでの見積ご提示し、ご注文を頂き、レザーをお選び頂きました(^_^)v

 

そして完成し、先日やはり九州旅行を兼ねてお引取りご来店。

 

 

月曜日の予定でしたが日曜の朝に連絡あり、この日は13時上がりの予定だったので午前中お越し頂き、対応しました。

 

 

 

このノーマルの状態に、ベッドキットを設置すると・・・

 

 

こんな感じでした。

 

黒のレザーにて画像だと分かり難いですがイイ感じに仕上り、M様に満足して頂いて良かったです(^_^)

 

 

前回の採寸の際は鹿児島、宮崎、大分と南九州を廻ったので、今回は佐世保、長崎と西九州方面に月曜、火曜に行かれるとか。

 

熊本にも行ってみようかな、という事で、翌日の引取り予定だった為、この日は近くに宿を取ってると聞いていたので、『んじゃ、今日、阿蘇の大観峰に行かれては?』とご提案。

 

コチラ北部九州は、実は未だ梅雨入りしておらず、田植えも始まりつつあるのに雨が全く降らず、好天続きなんです。

 

ただし、水曜日には梅雨入りすると言うので、梅雨入り前の貴重な好天、大観峰までなら2時間で行けるし、この日はPM2.5が少なくて遠くの山もキレイに見えたので、大観峰からの景色もきっと良いはず。

 

 

高速を使わずとも、3号線を下って山鹿から菊地渓谷通って行けば大観峰まで2時間ちょいで行けます。

ナビは下道だと日田から杖立温泉経由を選んでるけど、そっちが早いんだ!

こうやって見ると、鳥栖・久留米は九州の東西南北どっちにも行けるので、イイ場所ですね。

 

火曜日は軍艦島上陸ツアーの予定とお聞きしてましたが、平日だし天気も良く大丈夫だったんじゃないかな。

 

さぁ、昼前から降り出しました!

いよいよ梅雨入りです!

 

雨は好きじゃありませんが、梅雨対策は出来てるし、田んぼも蛙も雨を待ってたし、ほどほどの梅雨であります様に(>_<)