2014年08月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

月別閲覧

ブログトップへ戻る

その他の別注車両 アーカイブ

2010年08月10日

保冷車を、冷蔵車に改造出来ますか?

先月、何度か鳥栖店に来られた事のある 甘木のお客様と話してたら
 
『ところで、トスケンさんで保冷車を冷蔵車に改造出来ますか?』
 
と、いきなり言われ、直ぐには、ちょっと意味が分かりませんでした??
 
『知り合いの仕出し屋さんが、弁当などをスーパーや葬祭場に納入する
 のに、冷蔵車でないと出入りダメって言われ、中古の保冷車を買った
 ところ、単なる断熱パネルのパネルバンの保冷車で、冷やす装置が
 付いてる冷蔵車でなく、困ってあるけど、改造出来ないだろうか?』

 
と、いう事なのでした。
 
保冷車っていうのは、要するに、断熱材の入った壁で荷室が作られて
いる温度を保つだけのクルマで、例えば冷やしたい時は、氷を入れて
冷やし、その温度をキープする能力はあるけど、冷やす機能はついて
いないそうです。
 
%95%DB%97%E2%8E%D4%82P.JPG
 
冷やす機能がついてるのは、冷蔵車だそうで、私もでしたが、その
仕出屋さんも、そういう事は知らずに、保冷車を買ったところ・・・
 
『これじゃぁ、荷室が冷えんけん、ダメ!』
 
って言われたらしく、でも既に2台の中古の保冷車を買ってしまって
毎日毎回、大量の氷を積んで冷やす訳にもいかず、また思う様には
冷えず、こりゃ冷蔵車を買うべきだった!と気付いたけど、後の祭り。
 
そんな、困ってる知り合いが居るけど、もしかして鳥栖建材屋なら
何とか改造出来るかも!という話しなのです。
 
T部長に相談したところ、ちゃんとした冷蔵装置を付ける事は出来る
と言う事でお伝えしたら、後日、本人さんが保冷車に乗って来ました
 
CIMG8771.JPG
 
でも、肝心の予算が全く無いとの事・・・
 
それで、詳しく話しを伺うと、納入先までほんの10分15分くらいで
実際は、そんなに冷やす必要は無いけど、建前上、冷やす設備の
付いたクルマでないと出入りが出来ず、困ってあり・・・
 
『もう、形だけ、気持ち冷えるだけでも良かけん、何とかして!
 お宅で出来んとやったら、死活問題バイ!どげんかして!』

 
予算さえあればなぁ・・・と、困っていたところ、T部長が・・・
 
『う〜ん、実際にどれだけの、冷やす能力があるか保証出来ないけど
 運転席のエアコンの冷気を荷室に引っ張る方法でも良いのでしたら
 やってみましょうか? でも、実際には冷えないかもしれませんよ。』

 
という事で、低予算で効率的、しかも見栄えも良いという方法を部長が
考えて、パーツを取り寄せ、棟梁達が改造に着手したのです!
 
それで、完成したのですが、何と言いますか、良くもまぁ、と言いますか

・・・凄いです!
 
CIMG8822A.jpg

つまり、フロントのエアコンのダクトを全てふさいで殺し、逃げ場の
無くなった冷気を、助手席側から荷室に穴を開け、ルームエアコン用の
ダクトで荷室へと導いたのです。
 
そして、それでプラス圧になった荷室の空気を、荷室の逆側にも同様に
穴を開けて、運転席の後ろへと逃がして循環する様にしたのです。
 
CIMG8824B.jpg
 
しかも、荷室へホコリなどが行かぬ様に、ちゃんとフィルターのダクトを
付けて、ここで開閉も出来るのです。
 
CIMG8819C.jpg
 
・・・素晴らしいです!
 
試運転をしたところ、冷気がジャンジャン荷室へ行き渡り、夏場の今日
30分で21℃まで下がりました。
 
そして荷室を追い出された風が逆のダクトホースを伝わり、運転席の
後ろへと、ちゃんと循環するではありませんか。
 
・・・ブラボーです!
 
そりゃあ、金と時間さえ掛ければ、ちゃんとした冷蔵装置を付けて
改造出来るところもあるでしょうが、低予算で、こんなんを考えて
パパッと作っちゃう所は、そう無いんちゃう? (^ .^)y-~~~ 
 
ただ、T部長はこれで満足してなくって、助手席側のダクトホースが、
助手席側の視界を少し遮ってるので、これを運転手の目と助手席側の
ピラー部分との一直線上にもってきて、視線上、ピラーと重なる様にし
ノーマル車の視界と変わらぬ様に調整するそうです。
 
CIMG8826D.jpg
 
しかも、フロントガラス部のエアコンの風が出る部分はそのままなので
切り替えればガラスの曇り止めの風は出ますし、冬場の温風は足元
から出ますし、荷室部分のダクトカバーを閉めれば温風が荷室に行く
事もありません。
 
・・・ワンダフルです! 
 
荷室の空間にギッシリ弁当を積む訳では無いので、冷えが足りなければ
空いてる空間を大きな発泡スチロールの塊を敷き詰めたり、壁や天井に
貼ったりして、荷室の空間というか体積自体を小さくしていけば、冷房の
効果はよりアップします。
 
CIMG8827E.jpg
 
荷室側から見たら、こんな感じでして、給排気口のバンパーもスッキリ
していて、まるで最初から付いていた様です。 
 
そんなん作って、だから何よ?って言われそうですが、まぁ、毎日毎日
OKワゴンを作ってるんじゃぁ面白くないでしょうし、たまには気分転換に
こんな仕事をしても、よろしいんじゃないでしょうか。
 
今回は、金額自体が安い為、利益もほとんどありませんでしたが、
人助けにもなりましたしね。
 
そして、こんな風に臨機応変に、OKワゴンの場合でもお客さんの要望に
応えられまっせ!と、いう事ですバイ (*^ ^* )V
 
しかし、改造に取り掛かって2日間で出来上がり、神奈川に出発する
前に見れたので良かったです。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・  CM  (^ .^)y-~~~  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 横浜・金沢のホームセンター・ニュートンカチ オープン記念セール
 
 8月12日〜18日 多くの特価商品を準備されてあります! 
 
 8月12日〜15日 OKワゴンも展示決定! ♪d(^o^)b♪  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さぁ、台風が来ているので、鳥栖店の広場にはバリケードをしましたし
架装中のお預かりしてるクルマは倉庫内に避難させたので、安心して
明日から横浜遠征じゃ〜!
 
そして明日は、台風と共に私も新幹線で北上しますが、今から徹夜で
仕事を片付けて、明日は新横浜までの5時間、熟睡するぞ〜!
 
 
クリックが励みになります! ヨロシク〜(^o^)/
 
%83o%83i%81%5B%83N%83%8A%83b%83N%82Q.JPGにほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へにほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
オーケーワゴン軽自動車キャンピングカー販売車中泊車内泊フルフラットキットカーネル福岡鳥栖大川久留米佐賀旅くるま旅行パーツ販売価格展示会自作ルートユーズネットちょいCamちょいキャンちょいきゃん匠豊新エスカルゴ島田商事エブリィ軽キャンパーソルティフィッシング 
大川の家具職人が作った軽キャンピングカーOKワゴンの資料請求はコチラ
※カタログ送付先を記入して頂ければ、郵送いたしますので、お気軽にどうぞ ヽ(^。^)
 
また、メールが苦手な方は、下記 大川営業所へ、お気軽にお電話下さい (^_^)  
0944−87−3329 月曜〜金曜の8時〜17時半 OKですよ (^o^)/