2017年04月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

月別閲覧

« 来週の東京イベントにはN・BOX+を展示します! | ブログトップに戻る | 【特注】おひとり様ウェイクベッドキット »

エスクァイアのテーブル付ベッドキット【3】

この話し、長くなるので分けて書込みしており

1回目書き込みはコチラ、2回目はコチラ

ご覧頂けます。


20161022-BK67%20%281%29.JPG


エスクァイアにビス穴など一切あけずに

ポン置きだけで・・・



20161124-BK67%20%284a%29.jpg


ガッチリ2mのフルフラットベッドになります

しかも、あっという間、簡単に(^_^)v



20161124-BK67%20%283a%29.jpg


2列目の座席に座ると、ベッドの受け部分が

テーブルとして使えます(^_^)v


しかも、片側だけベッド展開なども可能で

これは左右どちらもOKです(^。^)y-゚゚゚



20161124-BK67%20%286a%29.jpg


福岡H様にエスクァイアでご来店頂き、どんな

感じのベッドになるか説明し、アバウト金額を

提示して『それでお願いします』とGOサイン

を頂き取り掛かる事になりました。


本来は1日はクルマを預かり作業をするの

ですが、まだ昼前でしたし、コチラも時間的に

余裕のある日だったので、H様にご提案。


『今日はお時間ありますか?

 ベッドマットの型取りや、受け兼テーブルの

 構図を考えるのに半日ほど掛かります。

 代車をお貸ししますので、鳥栖プレミアム

 アウトレットでも行かれません?』



『お昼時だし、そうしようかな』


『んじゃ、その前に、H様の運転席のシート

 ポジションを確認させて下さい』



運転している時も、後方スペースをベッドに

する事も多く、そうなると、運転ポジションの

確認は必要です。


通常は運転席を一番後ろにスライドさせた

状態でベッドの型取りしますが、今回は

受けをテーブルにもするので、そうなると

テーブル天面はなるべく広く作りたい。


その為には運転席は一番後ろでない方が

テーブルは少しでも広く作れるので、H様の

運転ポジションを確認しました。


そして、2列目シートを一番後ろにスライド

させた状態でH様に座って頂き足元の空間

テーブルの天板の奥行きなど、段ボールで

作ってシュミレーション。


テーブルになるので、受けの天板をなるべく

広く作りたいけど、そうすると色々と問題も

出てくるのです。


今回2列目シートに座ってテーブルとしても

使うので実際H様に座って頂き、テーブルの

感じもシュミレーションしました。


そして代車でお出掛けしてもらいましたが

その際にレザー見本帳を渡しました。


『食事の際でも、選んでおいて下さい』


H様ご夫妻を送り出してからが大変でして

スタッフGと昼飯抜きでアレコレ試しました。


201704-%93%8C%8B%9E3a.jpg


◆4月8日(土)9(日):東京・代々木公園
・アウトドアデイJAPAN東京:代々木公園
イベント案内はコチラ


201704ODTK1.jpg


テーブルは広く、でも乗り降りはし易い様に

そしてベッドの受けとなるので強度も重要で

しかも使わない時はベッドマットも含め、全て

車内に収納出来なければならない。


2列目シートは片方は座席にして片方だけを

ベッドにという展開も可能な様にしなくては

ならない、しかも左右どちらでも。


その為には受けの脚を広く作らねばならない

けど、ドアを閉めた時に当たり、その折り合い

をどうするのか。


などの条件を脳にインプットし、複雑な方程式

で短時間で解きベストな方法を導かねばなり

ません。


こういう時に、アルコールを注入すれば脳が

活性化して、良いアイデアが浮かぶのですが

昼間にて、そういう訳にもいきません (>_<)


スタッフGと話し合い、イメージをマンガ図に

して、それ基にコンパネで試作。


それを実際に設置すると、シート展開が不便

だったり、ドアの開閉時に当たったり、2列目

シートからの乗り降りがし難い、使わない時に

収納し難い、など問題あり、それらを一つ一つ

解決していきます。


ベッドも、水平を出して段ボールで型取りして

シュミレーションしてみると何とかイイ感じに

なりそうです。


エスクァイアを木作業場へ移し、別のお客様

のクルマの架装作業していたスタッフYに

一旦そっちをストップして、H様のベッド芯を

加工する様に依頼。


H様携帯に1時間後くらいには戻られてOK

と連絡し、戻られてから、仮設置して確認を

して頂き、選ばれたレザーで正式見積りを

ご提示。


めでたく注文を頂きまして、エスクァイアで

お帰りなられました。

つづく・・・


クリックが励みになります! ヨロシク〜(^o^)/
  ↓ ↓   ↓ ↓   ↓ ↓ 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽キャンピングカーへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ


大川の家具職人が作った軽キャンピングカー
OKワゴンの資料請求は コチラ

※カタログ送付先など記入して頂ければ
 郵送しますので、お気軽にどうぞヽ(^。^)

上記の資料請求ページが開かない方は・・・
info@tosuken.com 宛てメールを。 

また、メールが苦手な方は、お気軽に下記へ
お電話下さい(^_^) 0942−50−8674


★見学ご希望の方は・・・

【九州地区】鳥栖営業所・常設展示場
〒841-0043佐賀県鳥栖市水屋町1947-1
地図はコチラをどうぞ
不定休 0942−50−8674


【関東地区】OKワゴン横浜展示場
〒221-0863 横浜市神奈川区羽沢町1648
(株)齊籐製作所内

事前連絡の上お気軽にお越し下さいませ
東京オフィス 03−3752−7766 担当:佐藤
横浜展示場  045−383−1934 担当:齋藤


【東海地区】西尾張三菱自動車販売
〒491-0918 愛知県一宮市末広 2-29-11
0586−45−2521 月曜定休


【関西地区】商人オート株式会社
〒590-0524 大阪府泉南市幡代 1-4-26
072−483−8835 年中無休


【四国地区】(有)中央自動車
〒786-0012 高知県高岡郡四万十町北琴平町15−14
0880−22−3063
展示車はレンタカー登録にて実際に車中泊
をして確認する事も出来ます。
詳しくはコチラをどうぞ!
ヽ(^。^)


OKワゴン直近1ヶ月の書き込みはコチラでどうぞ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://cp.landmarx.jp/mt-tb.cgi/3564

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)